スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己破産のデメリット その3

自己破産のデメリットとは?


これまで

自己破産のデメリット1
自己破産のデメリット2

で述べてきた自己破産のデメリットは、デメリットとは言わなくてもよい位のものでした。



しかし、自己破産をすることで一番苦労する点、最大のデメリットとなるものがあります。


それは・・・



保証人がついている場合、債権者からその保証人へ請求がいく


ということでしょう。


これがあるために、自己破産をする事にためらいが出ます。

保証人に一番迷惑をかけるわけですから当たり前ですね。しかし、自己破産をするときにいち早く保証人にその旨を伝えなければいけません。

もし伝えなければそれこそ一番迷惑な話ですから。


どうしても保証人に対する責任を感じるのであれば、債権者に保証人が支払う返済を分割払いにしてもらえるよう、保証人から債権者に交渉してもらうことができます。(自己破産をした本人が交渉をすることはできません)


そして保証人に対し、その返済分を自己破産をした人物が渡すことができるのであれば、この自己破産デメリットは回避できるはずですが、これは自己破産後にもある程度の経済的余裕がなければできません。


保証人が付いているからと言って、自己破産の報告義務を保証人に怠ることで、最悪の場合保証人まで自己破産に追い込んでしまう可能性があります。


借金問題は傷が深くなる前に打ち明ける勇気が必要です。

スポンサーサイト

«自己破産の間違った認識 | トップへ戻る |  自己破産のデメリット その2»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。